流産からクリニック受診まで 《妊活振り返り》

二人目の妊活をスタートさせたのに、一人目のときの振り返りが中途半端な状態です(-_-;)
それでも懲りずに、気が向いたら整理していきたいと思います。
もはや備忘録以外の何ものでもありませんので、ご興味あればお付き合いください( ..)"



流産診察時の先生の言葉が引っかかり、検索魔になってしまいました。
調べれば調べる程、不安になってしまうものなのに…

・流産を繰り返すことを不育症ということ
・様々な要因があるが、検査をして要因が特定できれば、多くの場合治療が可能なこと
・流産診察時に言われたように、一度の流産は珍しいことではなく、ごく自然な現象のため、一度の流産では検査を勧められることは少なく、複数回流産を繰り返す場合に検査が勧められるということ

が分かりました。

一度の流産と言えど、私にはダメージが大きく、検査して治療できるなら、さっさと検査してしまおう
問題なければ検査費が無駄になってしまうけど、それは流産手術で保険の一時金があるので、それを有効に使おう
と思うようになりました。
もともと生理不順だったので、もしかしたらと思うところもあり、それが検査を受ける意志をさらに強くさせたのだと思います。


そして、検査ができる施設を探しました。

不育症という言葉をそれまで知らなかったため、不妊症とは全く別のものだと思っていたし、専門の病院でないと検査できないと思っていました。

調べるうちに、一度の流産でも検査を推奨している先生がみつかりました。
その先生は、ある不妊専門の大型クリニックでも、週に何度か診察をしていることが分かりました。

そのクリニックのHPは充実していて、不妊症だけでなく不育症についても詳しい案内が載っていました。
また、予約から初診までの流れも明確で、予診票までダウンロードできるようになっていたのです。
それに安心感を覚えた私は、そのクリニックにしようと決めました。


ダンさんの同意は簡単に得られました。
心の中では、そんなに焦って検査を受ける必要はないと思っていたかもしれません。
でも、流産後の私に意見をして、ピリピリした気持ちを逆なでするようなことは避けたかったのか、あっさりと同意しました。
お金の問題があれば、また違ったと思います。
でもそれは、保険の一時金の範囲ですると決めていたため、問題になりませんでした。


そして、初診の予約をするため電話しました。
マニュアルどおりと思わせる、ものすごく丁寧な対応でした。
不育症の検査がしたいことと、例の先生を希望していることを伝えたと思います。
1週間か2週間後の土曜日に予約を取ることができました。


初診に続きます



拍手、コメント、ランキング応援クリック大歓迎です(♡˙︶˙♡)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 二人目不妊へ  
応援クリックよろしくお願いします
二人目不妊のブログランキングも見れます
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

高温期ホルモン検査(PRL/P4) 《妊活振り返り》

久々の第一子妊活の振り返りです。
備忘録なので、興味のない方はスルーしてください。

今週末プロラクチンと黄体ホルモンの血液検査をすると言われました。
一人目のときも、同じような検査をしているので、その内容を振り返ります。


❁検査結果❁
採血日時: 2012/11/1 9時 D30(排卵後8日目あたり)
項目 単位 基準値 測定値
プロラクチンng/ml 6.12-30.54 26.46
プロジェステロン ng/ml 案内確認 37.3

今のクリニックに転院後、1回目の周期で検査しました。
先生からは、問題ないということで、それ以上の説明は無かったと思います。


問題ないのならと、私も当時はそれ以上調べたりはしませんでしたが、今回改めて調べてみました。

⚫プロラクチン
・生理周期による変動なし(なかには排卵期に上昇するため低温期初期に検査するとするものも)
・値が高いと排卵障害や流産の原因になることがある(高プロラクチン血症)

⚫プロジェステロン(黄体ホルモン)
・生理周期によって変動する→そのため検査結果の基準値の欄が「案内確認」になっているのだと思われます
・値が低いと着床困難や流産の原因になることがある(黄体機能不全)


先日の内診で、内膜が薄いと言われています。
黄体ホルモンは黄体期に子宮内膜を厚くし、受精卵を受け入れる状態にする作用があるので、この数値が気になるところです。



拍手、コメント、ランキング応援クリック大歓迎です(♡˙︶˙♡)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 二人目不妊へ  
応援クリックよろしくお願いします
二人目不妊のブログランキングも見れます
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

流産のこと 《妊活振り返り》

※注意:記事内に排卵検査薬と妊娠検査薬の検査結果画像があります


更新自体も久々ですが、さらに久々の第一子妊活の振り返りです。
第一子妊娠までに一度経験した流産について、まとめておこうと思います。
あまり明るい話題とは言えませんし、無駄に長いので、スルーしてください。
記録としてまとめておきたいのと、同じような境遇の方に、こんな事例もあるんだという参考になればいいなというだけで、感傷的になっているとかではないです(^_^;)

♡・*:.。. .。.:*・♡・*:.。. .。.:*・♡・*:.。. .。.:*・♡


2011/11/25~ 排卵検査薬使用
本格的に妊活を開始して1周期目でした。
生理周期が35日で安定していたものの、基礎体温はジクザグで高温期が分からないので、排卵検査薬を使うと決めていました。

◇排卵検査薬の結果画像

●使用開始時期の目安
30日周期: D13
35日周期: D18
⇒念のためD13から使用開始
●判定の目安
判定ライン(左)がコントロールライン(右)と同程度の濃さ: 48時間以内に排卵
判定ライン(左)がコントロールライン(右)より明らかに濃い: 14~28時間以内に排卵
⇒12/4に排卵と思われる

◎使用した検査薬はコチラの記事参照⇒ タイミングお助けグッズ 《妊活振り返り》


2011/12/2 タイミング
24:00の排卵検査薬で陽性確認後なので、正確には3日になっています。

2011/12/13~ 妊娠検査薬使用
生理予定日の4日前からフライング。

◇妊娠検査薬の結果画像

12/13は真っ白
12/14からうっすらと色づく
12/17,18あたりにはしっかりと濃くなる

◎使用した検査薬はコチラの記事参照⇒ タイミングお助けグッズ 《妊活振り返り》


2011/12/26 産婦人科受診【胎嚢確認】
生理予定日の1週間後くらいから胎嚢確認できるとのことで、そのあたりを狙い受診。
(生理予定日=D35の17日)
妊娠検査薬で反応があったことを伝えていました。
内診で胎嚢が確認できました。

2012/1/6 産婦人科受診【心拍確認(6W4D)】
2週間後に来るように言われていたので、年始の休み明けに受診。
順調に心拍確認できました。
この後くらいから軽いつわりが始まりました。

2011/1/19 産婦人科受診【心拍確認できず】
また2週間後に受診です。
看護師さんにつわりのことを聞かれて、少しあると答えると、赤ちゃんが元気な証拠というようなことを言われたのを鮮明に覚えています。
内診で、先生の様子が変で、動いていないと言っていました。
すごく動揺しました。
先生は、超音波の見え方にもよるので、もう少し日を置いてから確認しましょうと、期待をもたせる言い方をしました。
心を落ち着ける時間を与えてくれたのかもしれません。

2012/1/21 産婦人科受診【稽留流産と診断】
1週間後に受診と言われていましたが、ダメなんだったら、早くはっきりさせたいと、すぐに受診しました。
少しくらいは、もしかしたらと期待していたかもしれません。
この日は違う先生で、この先生はあっさり流産だねと認めました。
自然と出てくるのを待った方がいいという考えと、手術して出した方がいいという考えの2通りがあるので、どうしたいか考えて、また来て下さいと言われました。
待つとしても、あまり長くかかる場合は手術が必要になるとも言われました。

2012/1/25 産婦人科受診【手術決定】
手術を決意し、前回の先生ではなく、元々診ていただいてた先生の時に受診。
この先生は流産とハッキリ言うのをまだ躊躇していて、すごく残念そうに「やっぱり動いていないね」と言いました。
そして、流産について説明してくれました。
全妊娠の15%程度は流産という結果になってしまうこと。
今回のような初期の流産は、母親側に原因があるわけではなく、子の方が原因であることがほとんどだということ。
染色体や遺伝子の異常で、避けることのできないものだということ。
流産を繰り返す場合は、他の原因を考える必要があるが、一度流産になっただけであれば、ごく自然なことなので、心配する必要はないということを説明されました。
なので、手術後生理が再開したら、すぐ子作りを再開したらいいと言われました。
手術のために、血液検査の採血をして帰りました。
その時、看護師さんに、血がドロドロで採血に時間がかかるねというようなことを言われました。
その時は何も思いませんでしたが、後から、これが原因だったのではと思うようになります。

2012/2/3 産婦人科受診【手術前処置】
詳しい処置の内容は忘れましたが、前日の夜処置を受けに来るように言われていました。
仕事の後に行きました。
器具を入れられて結構痛かったのを覚えています。


2012/2/4 手術
土曜日だったので、ダンさんに付き添ってもらいました。
診療時間が終わっていたので、待合室には会計を待つ人くらいで、ほとんど患者さんはいませんでした。
しばらくすると呼ばれ、手術室前のベンチへ案内されました。
私の他に、もう一人同じ手術の人がいました。
ここでもしばらく待ちました。
先にもう一人の人が呼ばれ手術室へ入って行きました。
ほんの10分、15分程度で、手術着の女性が車椅子に乗せられて出てきました。
意識はなさそうでした。
しばらくして、私が呼ばれました。
持参した、生理用ショーツと夜用ナプキンを看護師さんに渡し、手術着に着替えました。
手術台に乗り、点滴と血圧計をつけられました。
先生はいつもの先生でした。
軽く会話をした気がしますが、内容は覚えていません。
点滴から麻酔が入り、視界がグルグル回りました。
視界ははっきりしないものの、光も音も聞こえていたような気がするのですが、車椅子で運ばれた記憶はないので、やはり途中で記憶は途切れていたようでした。
気付くと病室のベッドに横になっていて、生理痛のずっとヒドイのがあり、私は「痛い痛い」とずっと言っていました。
もう一人の人も同じ病室のカーテンを隔てたところにいましたが、とても静かでした。
しばらくすると看護師さんが来て、ここでしばらく過ごしてから帰宅してもらいますと言われました。
痛みはだんだん弱くなり、普通に過ごせるようになりました。
30分程度で先生が来て、問診とその日の過ごし方などの説明があって、帰宅しました。

2012/2/6 産婦人科受診【術後の経過確認】
指定された日に受診し、経過も問題ないと診断されました。


手術は1万円程度でしたが、医療保険と共済から一時金が出たので、合計15万円受け取ることができました。
手術はやはり、精神的にも肉体的にもキツかったです。
先生は気にせず、子作りをと言いましたが、もし何か見過ごせない要因があったら?
流産を繰り返してから、検査するの??
そんなのツラすぎる。
だったら、すぐ検査を受ければいいんじゃない???
費用はかかるけど、一時金があるわけだし。
と思うようになりました。
そして、検査を受けるのですが、検査については、また後日まとめたいと思います。

♡・*:.。. .。.:*・♡・*:.。. .。.:*・♡・*:.。. .。.:*・♡


最後まで読んでいただいた方、ありがとうございますo(_ _)o




拍手、ランキングクリック、コメント、なんでも大歓迎です(^^♪
ランキングに参加しています
↓応援クリックよろしくお願いします↓
 ■にほんブログ村
 にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 二人目不妊へ
↑同ジャンルのブログランキングが見れます↑

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

タイミングお助けグッズ 《妊活振り返り》

一人目の時に活用した、タイミングお助けグッズのまとめです。



●基礎体温計
テルモ ウーマンドシー ET-C520PW
当時楽天で4000円くらいで購入
同じものはもう販売されておらず、後継機と思われるのがコチラです。



いろいろ機能はありますが、
・アラーム
・検温
・データ記録
の機能くらいしか活用できていません。

グラフ表示があるので、「今日体温下がったな」とか視覚で分かるのは良いですが、やはり小さくて長期のデータを見るのには向きません。

私は周期がバラバラだったので、排卵日予測とか生理日予測もあてにならない。(というか、予測不可だったんじゃないかな?)

アラームはしつこく鳴ってくれるので、寝過ごすことはありませんでした。
ただ、体温計くわえながら二度寝して、体温計が口から落てるということはよくありましたが…( ̄▽ ̄;)


●基礎体温表
大型クリニックの初診で基礎体温ノートをもらい、そこに記録して受診の際に毎回提出するように言われていました。
転院後も、同じノートを使っていました。
注射や服薬の記録もつけていたので、後で見返すのに役立ちます。
A5サイズのしっかりしたノートで、ページ数もたっぷりあり、書きやすかったです。
売っているなら買ってもいいくらいの代物でした。

※後日写真をアップするかも


●排卵検査薬
コチラのお店の「A-check アメリカ」を使っており、妊娠検査薬と組み合わせて購入していました。

はじめは海外製を使うのに不安もありましたが、4,5回利用したところでは特に問題やトラブルはありませんでした。

海外製はとにかく安く、排卵日の予測が難しい私は1周期で10本とか平気で使っていたので、助かりました(^-^)
そのかわり、プラスチックケースに入っておらず、カップにためた尿に検査スティックを浸けるので、少し面倒です。

日本語の説明が書かれた紙が同封されていますし、HPにも詳しい説明やメーカーによる比較などが掲載されています。

判断に困った時など、画像を送ったら相談に乗ってもらえる掲示板もあり、アフターサービスも万全です。

ショップ: こうのとり検査薬.NET

※後日写真をアップするかも



二人目のときも、同じラインナップで行くつもりですが、基礎体温表だけ迷い中(*´-ω-)?
最近は便利なスマホアプリも多そうなので、使いやすいのがあれば、使ってみようと思っています♬*゜





拍手、ランキング応援クリック、もちろんコメントも!なんでも大歓迎です(^^♪
ランキングに参加しています
↓応援クリックよろしくお願いします↓

 ■にほんブログ村

 にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 二人目不妊へ
↑同ジャンルのブログランキングが見れます↑

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

不妊・不育対策サプリメント《妊活振り返り》

サプリメントもついつい手を出してしまいますよね(^^;
即効性のあるものではないので、正直すごく効いてるなぁと思ったことはないのですが、信じています!
一人目妊活で飲んでいたもののまとめです。


マカ
期間: 2011年11~妊娠発覚(2013年春)まで
費用: 4620円@1ヶ月 ※ダブルパック購入時

そろそろ赤ちゃん欲しいなと思い出した頃、インターネットで調べごとをしていて偶然知ったんだと思います。
基礎体温がメチャクチャだったのが気になっていて、基礎体温を整える目的でした。
まぁそれなりに低温期と高温期が分かるようにはなっていたので、効果あったのかなぁ???
1日の目安の錠数が多く、一度に飲みきれないのが面倒で、実際は目安の半数を摂取していました。そのため私の場合、1ヶ月あたりの費用は2310円でした。


ナットウキナーゼ
期間: 2011年12月~妊娠発覚(2013年春)まで
費用: 760円@1ヶ月 ※2袋セット購入時


健康診断でコレステロール値が高く、納豆が良いと聞いたが嫌いなのでサプリで摂取しようと購入。
血栓予防になるので不育症にも効果期待できそう。


プラセンタ
期間: 2013年2月~妊娠発覚(2013年春)まで
費用: 1250円@1ヶ月

インターネット上で偶然見かけた記事かなにかで不妊治療にも効果があるようなことを読み、すかさず始めてみました。


ピクノジェノール
期間: 妊娠発覚(2013年春)~現在も継続中
費用: 5880円@1ヶ月 ※定期便利用時(増税前)
6048円@1ヶ月 ※定期便利用時(増税後)

大型クリニックの不育症検査で血液凝固の検査が引っかかっていました。
転院後の個人クリニックの先生は、気にするレベルではないと言っておられましたが、気になるなら1ヶ月だけ飲んでおいたらと処方されました。
1ヶ月飲み切った後も、同じ商品を通販で購入し、継続しています。
高脂血症にも効果があるみたいなので!


あとはビタミンとかミネラルを適宜という感じです。
妊娠中は葉酸も取っていました。マカと同じショップのです。


【不妊・不育対策のサプリ費用まとめ】
妊娠まで 4620/2+760+1250=4320円@1ヶ月分
妊娠中 5880円or6048円@1ヶ月分



二人目のときはどうしようかなぁσ(・ω・*)…ハテ?
最近は漢方薬に興味があるので、医療用漢方薬を処方してくれる婦人科にかかってもいいかなと思ったりもしています。


※特に記載のない場合、価格は2014年の増税前のものです
私も飲んでたよという方、拍手、ランキング応援クリック、もちろんコメントも!なんでも大歓迎です(^^♪
ランキングに参加しています
↓応援クリックよろしくお願いします↓

 ■にほんブログ村

 にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 二人目不妊へ
↑同ジャンルのブログランキングが見れます↑

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

生理とPCOSのこと 《妊活振り返り》

子どもの頃から生理不順だったので、これまでの生理とPCOSの診断についてまとめておきます。
個人的な記録の意味あいが強いので、あまり面白い記事ではないです(^_^;)


中高生の頃
生理は2ヶ月に1度くらいしかありませんでした。
まだ若いしホルモンバランスも確立されていないんだろう。定期的にきているならいいかと、それほど気にはしていませんでした。

PMSは人並みだと思うのですが、眠気だけは凄まじくて、よく学校を休んで本当に一日中寝ていました。


学生の頃(20代前半)
生理は1ヶ月半~2ヶ月ペースでしたが、それ以上に生理が来ないことがあり、婦人科に初めて行きました。

治療方針は、
・今すぐ妊娠を希望しないのであれば、漢方で体調を整えるだけで、無理に生理をこさせたりせずに様子を見る
・3ヶ月以上生理がこない場合は、ピルで生理をこさせる
というものでした。

処方された漢方はツムラの温経湯(ウンケイトウ)で、1~2年程服用を続けました。
調子も良く、ピルを使ったのは1回くらいだったと思います。

確かこの時に多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断されたと記憶しています。


社会人になって(20代半ば)
生理のペースは1ヶ月半~2ヶ月ペース。
就職を期に引越したこともあり、婦人科にも通っていませんでしたし、漢方も服用していませんでした。

生理が終わってもダラダラ出血が続くことがあり、婦人科を受診。
ピルを処方され、また生理がきたらその後はぴたっとおさまりました。
そういうのが2度あったと思います。

その婦人科では、多嚢胞のこととか、定期的な治療などは言われませんでした。


結婚して(20代後半)
特に治療はしていませんでしたが、生理周期は安定していて、35日周期でした。

すぐに子どもが欲しいというわけではありませんでしたが、基礎体温をつけ始めました。

特に婦人科にかかることもありませんでした。


流産後の不妊症・不育症検査と不妊治療@大型クリニック(30代前半)
流産手術後は生理周期が乱れていました。

不妊症・不育症の検査結果については詳しくは別に記事にしたいと思いますが、大きな問題はなく、多嚢胞性卵巣についても全く指摘をされませんでした。
そのため、タイミング指導のみの治療でした。


個人クリニックへ転院後(30代前半)
内診で卵巣を見て多嚢胞性卵巣を指摘されました。
専門用語を使わない先生なので、はっきり多嚢胞性卵巣と言われたわけではありませんでした。

先生の説明は、
どの卵を大きくするか決められないから小さいのがたくさんできる
小さいまま排卵するから、妊娠しても栄養が足りなくて、ちゃんと育たない
といった内容だったと思います。

治療中は生理周期は安定せず、40日前後でした。
治療の影響なのかもしれませんが。


出産後(30代前半)
今のところ生理は再開していません。


関連記事
◎ 大型クリニック vs 個人クリニック 《妊活振り返り》




コメント、拍手、応援クリックなんでも大歓迎です(*≧∀≦*)
ランキングに参加しています
↓応援クリックよろしくお願いします↓

 ■にほんブログ村

 にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 二人目不妊へ
↑同ジャンルのブログランキングが見れます↑

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

じんわり効く!岩盤浴とゲルマニウム温浴 《妊活振り返り》

鍼灸ほど影響力は感じませんでしたが、岩盤浴とゲルマニウム温浴も取り入れていました。
◎鍼灸の記事


【岩盤浴】

■場所: 最寄りのスーパー銭湯のいたって普通の岩盤浴
ブラックゲルマ/トルマリン/薬宝石/モザナイト/岩塩結晶がありました
■期間: 2012年冬頃~妊娠発覚する2013年春(詳しくは覚えていません)
■回数: 月2回程度でトータル10回弱
■費用: 回数券使って温泉+岩盤浴が1300~1500円くらい?(はっきりした金額は覚えていません)

■感じられた効果
そもそも、不妊治療のために通い始めたわけではなく、単なる娯楽としてでした。
冷え性の自覚はなかったんですが、なんとなく私って冷え性かもと思い始めてから、冷え対策にもなる(不妊にも効果ある)かもと期待していました(♡ˊ艸ˋ)♬*
さらにここからゲルマニウム温浴に発展するのですが…

効果としては、冷え性治ってるぅ(o´罒`o)ってほどの実感は残念ながらありませんでした(><)
月2回を数ヶ月だけなので、まぁそんなもんですよね(~_~;)
でも、気持ちよくてリラックスできるし、肩コリ腰痛は改善しましたよv(。・ω・。)v

通っていて気づいたんですが、私、下半身に全然汗をかかない(^^;)
太もも、ふくらはぎなんて、ほとんどサラッサラも同然です…(º-ºlll)
上半身はシッカリかくんですけど、頭や顔は汗腺多いし、皆そんなもんかとチラチラ周りを見るも、皆さんちゃんと足にも汗の玉が("▔□▔)ハッ
この辺が、冷え性を自覚するきっかけの一つでもありました。


【ゲルマニウム温浴】

■アイテム: ゲルマニウム&トルマリンボール
私が購入した楽天のショップには、現在同じ商品の取り扱いはありませんでしたが、単品か類似品は扱っているようなので参考までにショップのリンクを貼っておきます(o^^o)♪
◎ショップ: 温浴名人 楽天市場店

■期間: 2013年2月~出産まで(小さい赤ちゃんには良くないかもと出産後は止めています)

■温浴方法:
小さ目の洗濯ネットにボールを入れて、それをお風呂に入れて入浴します
遠赤外線作用やマイナスイオン作用が期待できるそうです

■費用: ボール購入費8200円

■感じられた効果
岩盤浴に行くとなると半日は時間を取られるので、なかなかしょっちゅうは行けませんでした(T_T)
それで、家でも似たような効果のあるものはないかと始めたのが、ゲルマニウム温浴でした。

入浴後は熱くて眠れないなんていう劇的な効果はありませんでしたが、なんとなくポカポカする気はしていました(﹡˙o˙﹡)ポカポカ
しばらく湯船に浸かっていると、ジワーっと汗をかきます(;ーωーA

ボールさえ買えば、あとは入浴時に入れるだけと手軽ですが、実際に岩盤浴や温泉に行くほうが効果は高いと思います!
定期的に岩盤浴に行けるなら必要なさそうですが、なかなか時間の取れない私としては取り入れて良かったです(*^_^*)
二人目のときも、岩盤浴は小さい子供連れでは行けないけど、コチラなら手軽に取り入れられるので、やっていこうと思います・。♪*+o



だんだんブログ書くのにも慣れてきた今日この頃です。
気軽にコメントいただけると嬉しいです(*≧∀≦*)


ランキングに参加しています
↓応援クリックよろしくお願いします↓

 ■にほんブログ村

 にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 二人目不妊へ
↑同ジャンルのブログランキングが見れます↑

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

期待大!鍼灸の不妊治療 《妊活振り返り》

不妊治療中って、不妊に効くと聞いただけでなんでも取り入れたくなっちゃうんですよね(^◇^;)
私も例に漏れず、いろいろ手を出してしまいました(´-∀-`)
その中で、一番印象に残っているのが鍼灸です。

■治療院: C針療所(20時までやってて、会社帰りに寄り道すれば通える所)
■通院期間: 2013/2/6~2013/4/16(第6周期~第8周期のはじめ)
■通院回数: 週1回でトータル11回
■費用: 初診6,700円 2回目以降5,200円 トータル58,700円

■施術内容
①問診
基礎体温表のチェックと婦人科での治療状況の確認
・卵胞がよく育っているとか
・どんな注射を打ったとか
・タイミングいつになりそうとか
施術を受けやすい服に着替える(服は貸出品)ので、いつもその間にカーテン越しで話をしていました

②針施術
まず仰向けで背面に針を刺し、刺した針に電気を流します
その状態で、お腹(子宮とか卵巣あたりなのかなぁ?)に電熱を当てて、10分ほど放置
次にうつ伏せで同じことをします
針は場所によってズーンとくることがあります
辛いときは刺しなおしてもらいます
電気の強さは自分でストップと言って調整しますが、慣れてくると、いつもより強めでストップするように言われました
針を刺している間に世間話をしたり、針治療の内容や方針について説明を受けたりします

③マッサージ
見習い?助手?の若い女の子が全身マッサージでほぐしてくれます
15分程度だったかと思います

①~③と着替え、お会計なども含めて、トータル1時間程度です

施術内容には色々種類があるそうで、私の場合、以下3種類の説明を受けました。
 a) リセット~タイミングを取るまで→卵胞を育てていく施術
 b) タイミング~妊娠orリセットまで→着床しやすくする施術
 c) 妊娠後→流産しにくくする施術など色々あるそうです
通ってる期間にタイミングを取ることはなかったので、a)しか体験していません。


■治療と経過
第6周期
針通院日: D12 D19 D25
卵胞がうまく育たずD20で強制リセットすることに
大きくなる卵胞の数が多く、全てが中途半端な大きさで、排卵しても良くないとの判断でした
(逆に採卵するには良い状況とのことでした)

第7周期
針通院日: D3 D9 D16 D23 D30 D37
今周期は一つの卵胞に絞れたものの、バカでかくなってしまいました。
5、6個分はあろうかという大きさ。
あまり覚えていませんが、強制リセットはしなかったけど、この周期も諦めることになったと思います。
タイミングを取らないか避妊するように言われたんだと思います。

第8周期
針通院日: D2 D9
2周期も無駄になったので、針治療は一旦お休みすることにしました。
再開するときは、針療所と提携している不妊治療クリニックに転院することも視野に入れないといけないかもなぁなんて思っていました。
そしたら、この周期にめでたく妊娠することに(♡ˊ艸ˋ)♬*


■まとめ
私の場合、作用がすぐ顕れたみたいです。
こんなに卵胞の成長に影響があったのは鍼灸に通っていた期間だけでした(^^;)
もう少し通って、うまくコントロールしてもらえるようになれば、効果は期待できたと思います(๑و•̀Δ•́)و

婦人科のBクリニックには、鍼灸に行っていることを伝えていなかったので、それは良くなかったなぁと思います(>人<;)
婦人科は婦人科で、状況をみて薬を変えたり、対処しようとするので、それが針の影響だと分かっていたら、対処が異なると思います。
ただ、東洋医学に理解を示してくれるか不安で、言い出せませんでした(つд⊂)

先にも少し述べていますが、 C診療所には提携の不妊治療クリニックがあります。
提携のところで診ていただくのも、一つの手だったと思います。
(私の場合、Bクリニックに不満はなく、立地や診療時間の関係で、踏み切れませんでしたが…)

針治療の通院期間には妊娠に至りませんでしたが、辞めた途端に妊娠♡
もしかしたら、針治療で卵巣や子宮が刺激されて、妊娠しやすい状態になってくれていたのカモ(●'w'●)
大金つぎ込んだんで、そう信じさせてくださいm(*_ _)m

じゃあ、二人目妊活の時は、針治療通うのかというと、答えはNoです。
仕事と育児と不妊治療を両立しながら、平日夜7時、8時に針治療を受けるのは難しい。。。
かといって土曜も犠牲にできないので(T_T)


※記事とは関係ありませんが、ブログタイトルを微妙に変更しました。
似たようなタイトルのブログが多かったので、自分の名前を入れてみました。




ランキングに参加しています
↓応援クリックよろしくお願いします↓

 ■にほんブログ村

 にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 二人目不妊へ
※同ジャンルのブログランキングが見れます

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

大型クリニック vs 個人クリニック 《妊活振り返り》

まずは不妊治療に通った病院について。
大型クリニックから個人クリニックに転院しているので、両者の良かったところと良くなかったところを中心にまとめます。
もちろん、全ての大型クリニックがそうで、全ての個人クリニックがこうというわけではありませんが、多少は傾向があるのではないかと思います。
人によって合う合わないもあるので、こっちにすべきと言うつもりもありません。
それでも、検討するにあたって、少しは参考になればと思いますo(_ _)o
ちなみに私の場合は、良い個人クリニックに出会えたこともあり、個人クリニックに軍配が上がりました(*˙︶˙*)☆*°

【Aクリニック(都心の不妊専門大型クリニック)】
流産したことがきっかけで、不育症の検査を受けられるところをインターネットで調べました。
不育症についてHPに載せているところは少なく、コチラの病院が詳しく載せていたので、家から遠いですが、受診することにしました。
検査結果ではたいした問題もなく、タイミング指導と服薬のみ。
2周期通院した後、地元のクリニックに転院。

良かったところ
呼び出しは全てピッチなので、名前を呼ばれることはなく、プライバシーは守られます
カウンセリングが受けられたり、マッサージやストレッチなどの教室が開講されていたり、併設のカフェが無料だったりと治療以外のサービスが充実
設備がキレイで最新
検査内容や治療内容が表や資料にまとめられていて明確
クリニックのHPにも情報が多く、また患者数も多いので、口コミや評判などを探しやすい
スタッフの教育が行き届いていて、不快な言動は感じられなかった

良くなかったところ
家や職場から遠い(片道1時間半)
待ち時間が長い(9時の予約で14時終了とか)
複数の医師がいるため担当が変わる
若い医師が多く、経験値がなさそうで、マニュアルどおりの診療に感じられる
スタッフもマニュアルどおり
融通がきかない

【Bクリニック(地元の不妊専門個人クリニック)】
タイミングだけならどこの産婦人科でもいいかと思いましたが、不妊専門で良さそうなところが見つかったので、そちらに決めました。
特に検査もせず、内診だけで、多嚢胞性卵巣症候群ということが判明。
タイミング指導に加え、ホルモン療法で治療を進めることになりました。

良かったところ
長年不妊治療を専門に診てきて経験値がある
融通がきく(勤務前の通院は診察時間前に診てくれる)
家や職場から近い
待ち時間が短い(平日で内診と注射だけなら15分程度で帰れる。ただし土曜は混んでいる)
先生も一人で、看護師や事務のスタッフもいつも同じなため、アットホームな雰囲気(妊娠したときは一緒に喜んでくれた)
専門用語を使わず、誰にでもわかる言葉で説明してくれる

良くなかったところ
プライバシーはあったもんじゃない(名前は普通に呼ばれるし、狭いクリニックだったため、待合室まで先生の声が聞こえてくる)
設備は古く、対応できる治療も限られるので、段階が進むと転院が必要そうだった
専門用語を使わないため、後で自分で検索するのに少し苦労した
口コミや評判など情報を収集しにくい


ランキングに参加しています
↓応援クリックよろしくお願いします↓

 ■にほんブログ村

 にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 二人目不妊へ

※同ジャンルのブログランキングが見れます

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

第一子妊活の記憶を振り返るにあたって

ブログを立ち上げたときに、まずは第一子のときの妊活について振り返りたいなぁと思っていました。
でも過去のとりとめもない出来事を全部整理してから記事にするのってホント難しい(´+ω+`)
何から取り掛かろうかと考えあぐねているうちに時間は過ぎ……
風邪の話乳口炎の話をアップして、自分の不健康状態を公開してるだけに(^ω^;)

綺麗に整理してまとめた後でアップできたら一番いいんですが、それだといつになることやら…(^◇^;)
それに、ブログ初心者なうえに、文章でまとめていく力もない素人ですので、多目にいただきたいなぁと…(*´∀`)アハ

ということで、時系列関係なく思いつくまま、項目ごとに記事にし、最後にまとめていきたいと思います(*_ _)人

そして肝心の振り返りは、次回よりスタートです_(┐「ε:)_ズコー

アッもちろん振り返りの記事だけではなく、日々の出来事なんかの記事も織りまぜながら更新していきたいと思います(●≧з≦)っ


ランキングに参加しています
↓応援クリックよろしくお願いします↓

 ■にほんブログ村

 にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 二人目不妊へ
※同ジャンルのブログランキングが見れます
プロフィール

カーチャ

名前
 カーチャ
年齢
 30代後半
職業
 会社員
家族構成
 ダンさん(旦那)+ヒーくん(長男)+フーくん(次男)+私
趣味
 バスケ観戦・海外ドラマ・電子コミック

★★★★★★★★★★★★
家事に育児に仕事とバタバタな日々に、高齢での3人目マタニティライフに奮闘しています。
拍手・コメント大歓迎♪
★★★★★★★★★★★★

プロフィールに関する記事
◎ブログ再開
◎基礎体温の表記について
◎はじめまして

ランキング
ランキングに参加しています
クリックで応援いただけると嬉しいです
■にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目妊娠・出産へ

■人気ブログランキング


■FC2ブログランキング


RSS

■最新記事のRSS
■最新コメントのRSS
■最新トラックバックのRSS
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
タグ

#不妊治療 #母乳育児 #おっぱいトラブル #断乳 #高プロラクチン #保育園 #ホルモン検査 #楽天買い回り #冷え対策 #PCOS #WOWOW #帯状疱疹 #股 #ベビーサイン #ディズニー #痒い #アニメ #義実家 #待機児童 #親子イベント #保育園入所審査 #通院 #託児 #クリニック #保育園申込 #卒乳 #日テレ #テレビドラマ #フォトカレンダー #フォトブック #厄明け #プレゼント #韓国ドラマ #リセット #冷えとり #乳腺炎 #蒸し生姜 #生姜 #海外ドラマ #予防接種